亀岡市の歯医者 | 嶋村歯科医院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

入れ歯(義歯)を作るときに思うこと

 義歯を作製するときには多くの守るべき基本があります。実際に駆け出しのころには何を作っていたのかなと反省することもあります。それでも10年、15年前の義歯を使っていただける方が久々に調整をしたいと来院して頂いたときには中学校や高校の自分の成績表を見せられる気がして懐かしいやら恥ずかしいやら・・・です。長い期間使用して頂いた方に感謝するとともに一緒に義歯を作製した歯科技工士にも感謝するとともにそのときの経過状況を写真や実物であれこれ議論して今後のことを相談することは嶋村歯科医院では時折見かける光景です。

 以前のブログで取り上げました嶋村歯科医院作成のコーヌス義歯は最長20年を迎えています。2歯欠損2歯支台出の装置です。基本に忠実に作成したものは長持ちします。凡そ2歯欠損の場合で20年使用できる装置はほかには見当がつきません(インプラントはどうかな?)。多数歯欠損になればなるほど使用期間は長くなりますが、20年は確かに長い。

 義歯作製時に例えば守るべき基本が10項目あるとして、それらの基本をしっかり遵守して作製された義歯は確かに良いものですが患者さんのお口の中の特性(えずきやすい、べろが前に出やすい、しゃべる癖、食べ物の嗜好等)によってはその基本の1項目や2~3項目をだめにしなくてはいけないときがあります。それでも10項目の基本を遵守していれば結果として残った7~9項目の基本が技師の基本性能を守ってくれます。嶋村歯科医院ではそのような硬派の考え方を医院開設以来(今年で96年目です)押し通しています。 

 「義歯快適患者再来」と言う言葉が歯科の世界にはあります。例え時代が変わっても良く噛みたいと願う方の思いは同じです。義歯でお悩みの方は何時でもご相談にのります。最後は宣伝になってしまいました。 恐縮です。

投稿者 shimamurashika|PermaLink
入れ歯(義歯)の修理

 義歯修理をする際に医院に技工士がいる場合で翌日にお返しするような場合があります。今回の点数改訂で技工士加算と言う点数が設定されました。歯科医師である私が修理しても加算点数はありません。不思議です。医療保険では不思議がいっぱいあります。専門の委員が議論してあれこれ調べて答えが出ないことがいっぱいあります。保険の考え方は所詮後付けの理屈ですので(学問ではありません)厚労省の考えひとつでころころ変わってしまいます。

 しかしそのような点数が出来ること自身、入れ歯(義歯)が無ければ困ると言うことを知ることが出来ます。
社会は入れ歯を何日も取り上げて修理をすることは求めていないことは確かなことです。嶋村歯科医院では
常に翌日修理をしています。出来れば当日お返しをしたいのですが一寸出来ません。事前に時間調整をして予約をお取りしている場合(あまり大々的なものは出来ませんが)夕方お返しは出来ます。

 でもこの文章をお読みの方は出来れば入れ歯にはならないでほしいと思っています。

投稿者 shimamurashika|PermaLink
このかぶせは何年持ちますか?

このかぶせは何年持ちますか?

 時折効かれる鋭い質問です。私の所属している岡山大学予防歯科学教室では渡辺教授(現名誉教授)、森田講師(現教授)らが中心となって大々的な調査をしました。除去したかぶせの平均使用年数は約5年でした。
 歯科医師の中にも統計学の弱い先生もいますのでかぶせは5年間しか持たないと早合点する先生もいました。しかし除去したかぶせの平均年数です。悪くなって除去したかぶせですので早くて当たり前です。
 何百本のかぶせを装着しいざ除去したときの平均年数ではありません。ある講習会でのお話で、「推定ですが(正確ではないと思いますが)約15年程度の耐用年数と予想されています。」と言う話を聞いています。

 入れ歯は5年使用している方は約40%です。大きい入れ歯ほど長く、小さい入れ歯ほど短い使用年数が考えられます。私のコーヌステレスコープ(コーヌス義歯、コーヌスデンチャー)は平均10年以上の使用に耐えます。平均欠損2.8歯 支台歯2.3歯 でこの数字です。
 「義歯快適、患者再来」 今日はコーヌスの患者さんが5人も来院して頂きました。 ふと、学位のご指導を頂いた渡辺先生、岡山大学での研究現場を思い出して、心の赴くままに書いてみました。 貴方のかぶせは何年前に装着しているのか覚えていらっしゃるでしょうか? かかりつけ歯科医ではそういう管理を良くしていますので受診時に一度お聞きになるのもかかりつけ歯科医と仲良くなるきっかけになるかもしれません。

投稿者 shimamurashika|PermaLink