亀岡市の歯医者 | 嶋村歯科医院
HOME>院紹介

院長・スタッフ紹介

院長紹介
院長 嶋村浩一

幅広い知識と正確な技術で信頼できる医療を行う。
私たち「嶋村歯科医院」は何時でもどのような状況であっても患者さんにとって生涯にわたって身近な存在でありという理念を掲げ、1914年に開設いたしました「貴方が貴方の人生を慈しむように貴方の歯も慈しんでください」私たちはそのお手伝いをしていくことが私たちの天職と考えています。
以上のことより当院では特に予防歯科に力を入れております。予防歯科は只単に歯ブラシやフッ素の応用をするのみならず義歯やかぶせを長持ちさせることを主眼にしひいては貴方の歯を長持ちさせるための学問です。只単に歯を白くしたりすることは貴方の歯を傷めその寿命を早めてしまいます。確かな意見の交換をしながら最善の治療を考えていくことは当医院の基本姿勢です。
又、 岡山大学予防歯科学教室で自医院で行った義歯の長期間経過を研究しました。その結果、約9600件の患者資料の中より約1300件の義歯症例を抽出し、その中より長期間使用に耐える義歯についての研究をしました。そして少数歯欠損の入れ歯患者にターゲットを絞った研究をし歯学博士の学位を頂きました。
以上が「嶋村歯科医院」の基本姿勢です。皆様の健康向上に少しでも貢献できますことを喜びといたします。
どうぞ、末永くよろしくお願いいたします。

経歴
1983年 大阪歯科大学歯学部卒業
1983年 京都医科大学附属病院歯科勤務
1985年 中京区岩崎歯科勤務
岡山大学歯学部予防歯科学講座入局
1990年 亀岡嶋村歯科医院勤務
1996年 嶋村歯科医院継承
2013年 京都府立医科大学緑互会幹事に平成25年6月8日就任
2013年 京都府口丹波歯科医師会長任期満了6月30日。同顧問に平成25年7月就任。
所属学会・認定医

京都府立医科大学附属病院歯科で研修

岡山大にて歯学博士号取得
予防歯科学教室「少数歯欠損においての義歯の長期間経過のエビデンス」がテーマ

岡山大学歯学会
岡山大学予防歯科学教室同門会
京都府立医科大学附属病院歯科「同門会」
日本歯科医師会
大阪歯科大学同窓会 所属

現大阪歯科大学同窓会口丹波支部支部長
京都府歯科医師会口丹波支部長に2011年4月から就任
京都府立医科大学歯科同門会「録伍会」幹事
京都府口丹波歯科医師会顧問
太田保育園嘱託医
太田保育園評議員