亀岡市の歯医者 | 嶋村歯科医院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

歯軋りによるかぶせや顎関節、噛み込みの筋肉や歯の損傷

歯軋りのきつい方は歯が相当磨り減っています。詰め物やかぶせは擦り切れて悲鳴を上げています。専門家が診れば直ぐ判ります。ブラキシズムとも歯軋りともいいますが、食い縛りのことです。

「歯軋りをしていますよ」といったとたんに「していません」と言う答えが返ってきます。でも噛み合わせを鏡で見てもらうと「あらマ」相当偏ったところでぴったりとかみ合っています。「ここで噛んでいますね」と言って納得して頂いています。嶋村歯科医院では毎日見かける光景です。

マウスピース、ナイトガード、スプリント、咬合床、・・・いろんな名前がある装置ですが夜はめて頂く装置があります。顎関節症、いびき、歯軋り、肩こりに効用があり私も愛用しています。学生時代に使い出して今では5代目です。いびきにも効いてくれています。首筋の肩こりがきつい時期にも愛用です。
よく眠れると感想を言って頂けます。朝起きたときの首筋のこりはこの装置で個人的には6掛け程度に収まります。恐るべき装置です。ちなみに嶋村歯科医院では患者さんにはマウスピース、院内用語ではナイトガードと呼んでいます。

安眠枕を売っているお店のご主人も愛用しています。(これは内緒)

投稿者 shimamurashika|PermaLink
審美歯科 (亀岡でも審美歯科を考える方が増えてきています)

 「白い歯を大切にしたい。」多くの方の願いではないでしょうか?

 傍の人間からするとあっちもこっちも気になる方もいます(この仕事ですから仕方が無い)。故人ですが藤岡琢也さんと言う役者さんの前歯を私は見たことが無かったです。毎週木曜日に(わたし大嫌いな番組でしたが)出ていらした方でした。注意してみていても見たことがありませんでした。
 沢口靖子さんは奥のほうまで見えます。この方が虫歯になった時には金属色が出ないように・・・と思います。藤岡さんのほうは金属色云々はあまり気にしなくても良かったと思います。おしゃれな方でしたのでそうもいえなかったと思いますが・・・。

 何れにせよ白く健康的な歯は大切なものです。大切な方とどの範囲で気になるかよく相談して治療にお越し頂ければ適切な歯科治療がし易くなります。

 審美歯科といえば高額な自費治療のイメージが強いわけですが嶋村歯科医院ではむしろ丁寧な説明と同意の上での保険治療に重きをおいています。[歯医者に行くから歯を抜かれる訳ですし、歯医者に行くから銀歯が増えてしまう」と言った笑うに笑えないことが起こらないようにするためにも納得の行く歯科治療をしていきたいと思っています。 

  嶋村歯科では 「貴方が貴方の人生を慈しむように貴方の健康的な歯を慈しんで頂きたい」と願っているのです。

投稿者 shimamurashika|PermaLink
口臭 (口臭治療)

 口臭には他臭症と自臭症の2つがあり一般的には他臭症が歯科治療の対象になります。
お口の中の問題、例えば虫歯、親知らず、歯周病の治療によりその大半が解消されます。最終的にはお口の中の常在菌が臭い成分を作る能力の高い人は口臭が出るし弱い人は臭わないことになります。
 
 基本的には硫化水素或いはそれに類似した硫黄含有物質が産生された結果(臭い成分が)その人独特の臭いになるのです。ですから硫化水素或いはインドール関連物質(化学Ⅱで習います。理系を受験する高校生は知っていますね?)を産生する常在菌の居場所を除去することが口臭治療の最大の目的です。実際には虫歯(むしば,ムシバ)の中、不適合な冠の周辺、親知らず周辺、歯周病にかかっている歯茎の中にいる菌を取り除きます。ですから虫歯を治し、挟まりやすいところを治し、親知らずは場合によっては抜歯、歯石を掃除することになるのです。それと舌の上の白いぬめり(舌苔 ぜったい と呼びます)の掃除もします。

 何れにせよ酸素の無いところが住み易い菌(嫌気性菌と言います)ですので汚れが留まるところを掃除すると早期に口臭がなくなる事がよくあります。洗口剤、モンダミンやリステリンはその後の補助的なものといえます。

 一方自臭症は自分で臭いがないにもかかわらず臭いがすると感じてしまう人のことで臭いセンサーを使い実際には臭っていない事を知ってもらうことで対応します。それとなぜそう感じ出したかを探しながら心のトラウマをのぞいてきます。

投稿者 shimamurashika|PermaLink