亀岡市の歯医者 | 嶋村歯科医院
HOME>院長ブログ

院長ブログ

コーヌスクローネ (最高の入れ歯(装置) これを入れることの出来る患者さんは幸せです)

 コーヌスクローネという言葉をご存知の方はドイツ語に堪能な方か歯科関係で入れ歯関係に詳しい方だと思います。1959年ドイツのK.H. Koerber が考案し、1971年に論文発表した義歯(入れ歯)のことです。日本では1975年に論文が出ています。1970年台から約20年間はコーヌスをやらないものは遅れているという感じでいました。
 しかし技術的に相当の熟練が求められること、扱う技工士が少ないこと費用がある程度かかることインプラントが普及してきたことといった理由で次第に論文数も少なくなってきています。ただインプラントのような手術がいらないこと、インプラントほど費用がかからないことは多くの理解が得られています。

 コーヌスの資料は日本では黒田昌彦先生が第一人者ですので黒田歯科医院のHPを参照して頂ければいいですが奥歯がなった人、若くして(噛む力が大きいのに)入れ歯になった人にはぜひ一考を求めたい入れ歯です。

 嶋村歯科医院ではその大半のコーヌス義歯が10年以上を経過しています。つまりよく噛めて強くて清潔な入れ歯であることがいえます。費用としては約30万円を標準的な金額にしています。関心のある方は是非ご連絡をお待ちしています。

投稿者 shimamurashika|PermaLink
インプラント騒動 中国への歯科技工物発注問題

愛知県豊橋市のインプラント使い回し騒動について。

渦中の歯科医師は歯科医師会に未入会(以前に脱会)で保険医資格停止中だったそうですが、言語道断です。
インプラント治療について、当医院では「株式会社モリタ」或いは「株式会社GC」の取り扱い製品を使用しています。内外の一級品を厳密な衛生管理のもと顎骨に正確に埋入します。厳密な衛生環境で行う術中はもちろん術後も不要な疼痛は無い様にしています。例えば正確な切開や縫合は手術の基本です。予め決めておいた切開線、埋入方向を手際よくしかし慎重に、その都度確認を取りながら手術を進めます。一般的な外科と同じ考え方をします。親知らずの抜歯と同じ程度の浸襲と考えていただいてよいと思います。

海外に歯科技工物を発注することはとても危険なことです。多少技工代が安いだけで品質、使用金属の程度の低さは患者さんの信頼を大きく損なうことに直結しています。毎日顔を合わせる信頼のおける技工士に自医院で購入した金属を手渡します。
 保険治療でのかぶせの使用金属は日本橋「徳力」 或いはデンツプライ三金の金属を20年以上前から使用しています。また歯科技工物の中国初めとする海外発注は今まで一切していませんのでこれも安心して下さい。
亀岡、京都、和知町の合計5ヶ所の専門技工所に(最長40年の取引があります)発注しています。長い取引があること自身歯科医院のステータスです(下手な作品を出さないし納入もしていない。納期がしっかりしている等一般の会社でも言えることが医療機関にも当てはまります)。

歯科医療の根幹を揺るがしかねない程度の低い話題が院長ブログの第一話になりましたがどうか安心して「嶋村歯科医院」に受診して下さい。

来週から高圧滅菌機(オートクレーブ)を更に1台購入し、2台体制にします。常時滅菌可能な状態で清潔な診療を進化させるため1台の作業終了即たまった機材をもう一台の高圧滅菌機に入れることにしました。

先の程度の低い心配ネタはもちろんのこと、衛生、滅菌についてのご質問も何時でもお受けしますのでお気軽にメールを頂きたいと思います。   院長 嶋村浩一

投稿者 shimamurashika|PermaLink
新しいHPが公開されました

亀岡市にある歯医者です。歯科情報をどんどん掲載していくのでよろしくお願いいたします。

投稿者 shimamurashika|PermaLink
10 / 11« 先頭...7891011