亀岡市の歯医者 | 嶋村歯科医院
HOMEキラリ亀岡>キラリ亀岡 8月号

キラリ亀岡

キラリ亀岡 8月号

「食物がよく挟まる」
歯科医師会の嶋村です。
宜しくお願いします。

「歯ブラシをしっかりするのに何かお口の中がすっきりしない。」「時々歯肉から出血がある。」「口臭を気にしている。」といったことを主訴として来院される方が増えています。
これは食物が挟まることでおきやすい一連の症状です。歯の隙間は、50μ弱が理想的です。一方凡そ150μ程度の隙間が一番挟まりやすく掃除しにくい隙間の大きさといわれています。僅かの違いですね。100μつまり0.1mmの違いが食物の挟まる原因なのです。
歯間ブラシやデンタルフロス(糸ヨウジ)で掃除してもなかなか綺麗にならない。第一、挟まること自身が相当うっとうしいですから爪楊枝で血まみれになるまでつつきまわす方もいます。食物が挟まることも、爪楊枝で血まみれになるのも歯茎にとってはいい迷惑です。
食物が挟まるのにはきっと訳があります。そのような方は一度かかりつけ歯科医院でよく相談してみてください。思わないところに虫歯があったり、歯周病が局所的にあったり、かぶせが傷んでいたりすることもあります。また少しの咬み合わせの調整だけで改善されることもあります。あなたの人生の相棒に少し休養を与えてください。(文責 嶋村浩一)

投稿者 嶋村歯科医院