亀岡市の歯医者 | 嶋村歯科医院
HOME院長ブログ>このかぶせは何年持ちますか?

院長ブログ

このかぶせは何年持ちますか?

このかぶせは何年持ちますか?

 時折効かれる鋭い質問です。私の所属している岡山大学予防歯科学教室では渡辺教授(現名誉教授)、森田講師(現教授)らが中心となって大々的な調査をしました。除去したかぶせの平均使用年数は約5年でした。
 歯科医師の中にも統計学の弱い先生もいますのでかぶせは5年間しか持たないと早合点する先生もいました。しかし除去したかぶせの平均年数です。悪くなって除去したかぶせですので早くて当たり前です。
 何百本のかぶせを装着しいざ除去したときの平均年数ではありません。ある講習会でのお話で、「推定ですが(正確ではないと思いますが)約15年程度の耐用年数と予想されています。」と言う話を聞いています。

 入れ歯は5年使用している方は約40%です。大きい入れ歯ほど長く、小さい入れ歯ほど短い使用年数が考えられます。私のコーヌステレスコープ(コーヌス義歯、コーヌスデンチャー)は平均10年以上の使用に耐えます。平均欠損2.8歯 支台歯2.3歯 でこの数字です。
 「義歯快適、患者再来」 今日はコーヌスの患者さんが5人も来院して頂きました。 ふと、学位のご指導を頂いた渡辺先生、岡山大学での研究現場を思い出して、心の赴くままに書いてみました。 貴方のかぶせは何年前に装着しているのか覚えていらっしゃるでしょうか? かかりつけ歯科医ではそういう管理を良くしていますので受診時に一度お聞きになるのもかかりつけ歯科医と仲良くなるきっかけになるかもしれません。

投稿者 嶋村歯科医院